「楽しんで失敗するほうが、嫌いなことで成功するよりいい」

 

アカデミー助演男優賞に輝いた米国の俳優、ジョージ・バーンズの言葉です。

コメディアンだけあって、さすがにユーモアがありますね。

「嫌いなことで成功する」というのは、成功することだけが目的のようで味気ないばかりでなく、もし失敗したら何も残りませんね。

でも、好きなことにチャレンジできるのであれば、プロセスを楽しむことが可能です。

たとえ失敗に終わったとしても、その楽しみと教訓が財産として残ります。

人生は有限です。

わくわくするようなことにチャレンジしてみましょう!

失敗にめげず、成功するまでチャレンジすれば、必ず成功するわけですから。

こんなふうに気楽に考えられれば、心にゆとりができて、成功がぐんと近づくような気がしませんか。

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「楽しんで失敗するほうが、嫌いなことで成功するよりいい」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/24

コメント(1)

いつも、勇気がでる言葉を紹介していただき、ありがとうございます。
今回の言葉も素晴らしい!

楽しんで 楽しんで 楽しみまくります!

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術