「個人のマイナス部分を直そうと頑張っても、平均までしかいかない」

 

エルピータメモリ株式会社社長、坂本幸雄(さかもとゆきお)氏の言葉です。

短所を見つけると、どうにかして直させようとする上司や親が多いようですが、どうやら、これはうまくいかないようです。

かつて、私がそのようなダメ上司であり、ダメ親であったので、いまとなってみると,とてもよく理解できます。

さらに、この原則は、自分自身に対してもあてはまるようです。

自分の短所を嘆いて直そうとするより、長所を見つめて伸ばそうとする方が、はるかに前向きな生き方のように思います。

では、なぜ、そのような生き方ができないのか、考えてみました。

なかなか結論が見いだせません。

しかし、坂本氏の言葉をかみしめて、努力してみたいと思っています。

「個人のマイナス部分を直そうと頑張っても、平均までしかいかないでしょう。逆に社員のプラス部分を引っ張り出せば、その人は水準よりずっといい仕事をするはずです」

         

                (スクラップ整理の続編です。朝日新聞、平成15年9月6日朝刊「フロントランナー」より引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「個人のマイナス部分を直そうと頑張っても、平均までしかいかない」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/26

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術