「失敗したり、間違えたりした人のほうが幸せをつかむのが上手」

 

心理学者、加藤諦三氏のホームページで、であった言葉です。

完全主義の人は、「弱点があったら価値のない人間」と思い込み、「完全な人間を演じることで、自分がつまらない人間である感情から目をそむけようとしている」と、氏は述べています。

まさに、至言ですね。

そして、次のように結論づけているのです。

「人は失敗したり、間違えたりするから素晴らしい」

失敗や、間違えの多い私にとっては、とても有り難く、勇気づけられる言葉です。

加藤諦三氏の主な著書は、かつて、ほとんど読んだつもりでしたが、この言葉は、残念ながら記憶にありません。

この言葉が書かれている書籍、「無理しない人ほど強くなれる」を、読んだのか読んでいないのかも定かではないのです。

こんないい加減な私のことも、加藤諦三氏なら、きっと、「人は不完全だからこそ素晴らしい」と言ってくださるような気がしています。

だいぶ前のことですが、加藤先生にお会いしたくて、業務の研修会講師としてお招きし,長時間に渡って直接お話を伺う機会を持てたことを、いまさらながら、とても幸せに感じております。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「失敗したり、間違えたりした人のほうが幸せをつかむのが上手」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/5

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術