「日本人は弱点を補うことばかり考えて自分の良さを引き出せていない」

 

龍拡散社長の藤井隆太さんが、師匠のフルート奏者、クリスチャン・ラルデ氏から練習法について指摘された言葉です。

藤井さんが、レッスンを受けるためフランスに留学していたときのことです。

 

短所を直すのがいいのか、それとも、長所を伸ばすのがいいのか、結果をみれば一目瞭然です。

たとえ自分の短所を補えたとしても、マイナスがせいぜいゼロになる程度です。

では、長所はどうでしょうか。

長所だけに着目して褒めて伸ばす試みは、やる気をアップさせ、将来の希望にもつながります。

短所には触れずに、長所だけを見つめていれば、能力の総和が大きく成長する可能性を秘めています。

ただ、短所を直すことと、行いを正すことは別物です。

短所には触れない、しかし、間違った行いを正してあげなければ、本人はその行動が容認されたと勘違いしてしまいます。

藤井さんの言葉を紹介しましょう。

「最初のうち試験は散々な結果だったが、良い点を伸ばすことに力を注ぎ、帰国間際には「リュウタ、変わったよ」と褒めてもらえた」

私自身、自分の良さをどのくらい引き出せるかどうか分かりませんが、少なくても短所を直す虚しい努力は放棄しよう、と今日誓ったのです。

 

                         (日本経済新聞、平成21年7月28日、コラム「交遊抄」より引用)

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「日本人は弱点を補うことばかり考えて自分の良さを引き出せていない」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/48

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術