「人間は2種類。アイデアを出す人か、つぶす人か」

 

タカラ(現タカラトミー)社長(当時)佐藤慶太さんの言葉です。

アイデアをつぶすキラー型の特徴は、「オレは聞いていない」「オレは聞かなかったことにしてくれ」とかいう人。「大きな会社にはどこにでもいる。猛勉強して、いい学校をいい成績で出た人に多い」

このような人が、「モノ作りや企画を考える、クリエーティブなところにいると、双方にとって不幸なことになる」

「ぼくがこのオモチャは面白そうだ、と提案すると、キラーは決まって、「面白いと思う根拠を数字をつけて説明しろ」とくるんです」、「そんなことはできません」

 

私の出身母体である花王でも、この戦いは何度となく繰り返されてきました。

一例をあげれば、大ヒットした掃除用具の「クイックルワイパー」は、提案当時、「掃除機があるのに、こんなもの必要ない」と、役員会で一蹴された商品なのです。大反対にもめげず提案を続けた商品開発スタッフの情熱こそ、称賛に値するように思うのです。

 

                   (スクラップ整理の続編です。平成15年5月3日朝日新聞朝刊より引用)

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「人間は2種類。アイデアを出す人か、つぶす人か」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/72

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術