「うまくいかなくてあたりまえ」

 

「いったんは、うまくいかなくてあたりまえと、開き直ることが大事」と語るのは、脳科学者の茂木健一郎さんです。

うまくいってあたりまえとの慢心が油断につながる、とはよく聞く言葉です。

これに対して茂木さんは、脳科学の側面から、次のように主張しています。

「(逆境のときには)脳の前頭葉が、これに関係することについて考えようと、脳のいろいろな回路を総動員するんですけど、そのことによって却ってとらわれてしまう」

「なぜ出来ないんだろう、うまくいくはずだと思っていると、そのことは考えられるが、他の脳の働きが抑圧されてしまう」

「(開き直ると)さまざまな脳の回路が脱抑制されて、今まで気づかなかったことにも気づくようになる」

われわれが経験上、知っているようなことも、科学的な側面から説明されると、いっそう説得力を持って迫ってきます。

 

                   (NHKテレビ番組「プロフェッショナル」平成21年8月25日放映より引用)

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「うまくいかなくてあたりまえ」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/78

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術