「仕事は惚れて夢中になんないと、おもしろさはわかんないよ」

 

鳶(とび)職人、桐生五郎さんの言葉です。

桐生さんは、NHK『プロジェクトX~挑戦者たち~』シリーズ、『東京タワー恋人たちの戦い』に出演。米国での放映後、ニューヨークにファンクラブが出来るほど有名になった方です。

桐生さんの言葉で私が注目したのは、面白いから夢中になるのではなく、惚れて夢中になるから面白さがわかってくると発言している点です。

「まずは目の前の仕事に惚れて、夢中でやってごらん」と桐生さんが言っているように感じるのです。

桐生さんの言葉を、もう少し長く紹介します。

「俺はね、鉄棒のしり上がりもできなかったし、高い所は嫌いだったの。でもね、いい親方と出会って、怒鳴られながらやってるうちに、おもしろくなったんだよ。仕事は惚れて夢中になんないとおもしろさはわかんないよ」

 

                 (スクラップ整理の続編です。朝日新聞、平成13年4月13日夕刊より引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「仕事は惚れて夢中になんないと、おもしろさはわかんないよ」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/94

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術