「生きていれば、必ずチャンスはある」

 

登山家、栗城史多(くりきのぶかず)さんの言葉です。

栗城さんは、ご自身のホームページに書かれているように、「高校卒業して夢も希望もなく、ただ都会にあこがれ東京へ行くも、挫折。1年間のフリーター、ニート生活を送る」などの体験があります。

そして、山と出会って2年後、北米大陸最高峰のマッキンレー単独登頂に成功。

世界7大大陸最高峰単独登頂を目指し、残すエベレストに挑戦中なのです。

「生きてさえいれば、チャンスはある」とは、日本人初となるエベレスト単独無酸素登頂に挑み、体力の限界から頂上を目前にして無念の決断をし、心を残しながらも下山したあと、語った言葉です。

そのときの栗城さんの言葉をもう一つ紹介しましょう。 

「山はでかかった。でも、あきらめない」

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「生きていれば、必ずチャンスはある」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/110

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術