「怒らない、ダメと言わない、押しつけない」

 

群馬県議会議員、大沢幸一さんの言葉です。

大沢さんの妻、正子さんは、60歳のとき若年性アルツハイマー病と診断されました。以来、最愛の人の尊厳を傷つけないために大沢さんが自ら課した3原則なのです。

この3原則、考えてみると、ひろく人間関係のあらゆる側面で目上の人が自らに課すべき真実のように思えます。

上司から部下へ、教師から生徒へ、親から子へのコミュニケーションは、すべてこうあるべきなのかも知れないと考えたのです。

ほんとうに愛情で怒っているのか、それとも、自分のイライラを一時的に発散したいためなのか。

ダメと一方的に禁止して安心するのではなく、不安は残るかもしれないけれど、やらせてみた方が本人の成長のためには、遥かにいいのではないか。

説得という手間を省いて、自分の思いだけを一方的にとおすために押しつけているのではないか。

こう考えると、大沢さんの3原則が、とても大きな意味を持っているように思えてきます。

 

                            (朝日新聞、平成21年11月18日朝刊、天声人語より引用)

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「怒らない、ダメと言わない、押しつけない」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/118

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術