「次に撮る1枚が最高の1枚かもしれない」

 

カメラマン、松下弘子さんの言葉です。

松下さんは、50代で写真サークルにのめり込んだといいます。

松下さんを夢中にさせたのが、「ハードコア・パンク」と呼ばれる過激な音楽バンド。

アーティスト達の「逆立てた髪や衣装、何より表情が面白くて」、ライブハウスに通い、「30分の演奏中に多い時は180枚撮る」のだそうです。

すでに作品集も出版。今やライブハウスからの撮影依頼が後を絶たないといいます。

なんと松下さんは、73歳。4人のお孫さんを持つおばあちゃんでもあるのです。

私も大いに元気をもらった松下さんの言葉、もう少し長く紹介します。

「私の居場所はライブハウス」

「次に撮る1枚が最高の1枚かもしれない。そう思うとやめられない」

 

                                 (日本経済新聞、平成22年1月5日夕刊より引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「次に撮る1枚が最高の1枚かもしれない」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/140

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術