「世に絶望ということはない」

 

坂本竜馬の言葉です。

竜馬の画策で薩長軍事同盟が成立し、倒幕に向けて軍事作戦が展開されようとしていた頃のこと。流血を回避しつつ、新しい政府の成立を目指した「大政奉還」という竜馬のアイデアが、慶応3年10月、将軍徳川慶喜を頂点とする御前会議にかけられたのです。

この会議は長引き、竜馬の意を受けて出席していた土佐藩士、後藤象二郎の帰りが遅いことに志士たちは不安を抱きはじめます。

司馬遼太郎さんは、著書「竜馬がゆく」のなかで次のように描写しています。以下、引用です。

(遅い、とはいいしるしではないな)

竜馬はおもった。おそらく城内でごたついているのであろう。最悪の場合、案を拒否されて後藤はその三寸の舌も効なく、城内で切腹したのかもしれない。

「竜馬、これは絶望かい」

古い志士が、大声でいった。

「世に絶望ということはない」

竜馬はにがい顔でいった。死んだ高杉晋作もそういう意味のことを言い、いっさい絶望せぬ、それが信条であると平素いっていたのを、竜馬はふとおもいだした。 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「世に絶望ということはない」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/147

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術