「自分の挫折を心底認めることが、自分を尊敬する方法」

 

書店に心理学者、加藤諦三さんの著書「自信」(三笠書房刊)が平積みされていました。

20年以上も前に読んだことのある本です。書架から引っ張りだして再読してみました。

随所に「いい言葉」がありますが、まずひとつだけご紹介します。タイトルの言葉です。

「自分を尊敬する」と聞くと、奇妙に感じるかもしれません。

しかし、自分を尊敬できない人は他人を尊敬できない、自分を好きになれない人は他人を好きになれないと言われます。いちばん大切な自分にしてあげられないことを、他人にしてあげられるはずがないからです。

加藤さんの言葉、もう少し長く紹介します。

「ここで大切なことをわれわれは知らなければならない。自分の挫折を心底認めることが、自分を尊敬する方法なのである。心のどこかで自分を軽蔑している人は、小さい頃の自分の理想像の達成に失敗し、その失敗を未だに認めることができないでいる人なのである」

「心の底のどこかで自分を軽蔑している人は、実際の自分では生きていけないとでも思っているのだろうか。しかしそれは逆である。ナルシストはやがて行きづまり、憂鬱な毎日を送るようになる」

「実際の自分をそのまま認めれば、生のエネルギーは湧いてくる」

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「自分の挫折を心底認めることが、自分を尊敬する方法」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/163

コメント(1)

「実際の自分を認める勇気」を持てるように、強くなりたいと思いました。「実際の自分を認める勇気」が持てずに苦しむ人に出逢ったら、「勇気が持てるように」励まし、見守れる、強さが欲しいと思いました。その人を、「受け入れる」強さを持ちたいと思いました。

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術