「一日一日が必死だった。その結果、今がある」

 

5年前のJR福知山線脱線事故で重傷を負った山下亮輔さん(23才)の言葉です。

山下さんは18時間も事故車両に閉じ込められた結果、重度のクラッシュ症候群(長時間圧迫されることにより筋肉細胞が壊死を起こし死に至ることもまれではない)に見舞われました。

意識が戻った10日後から、山下さんの新たな闘いが始まったのです。

足の炎症のため高熱と頭痛、さらには眠れない日々が続きました。

両足に障害が残るなか、「18歳の生存者」を出版、少しでも人の役に立ちたいと、いまでも講演活動を続けています。

山下さんの言葉、もう少し長く紹介します。

「一日一日が必死だった。その結果、今がある。この不幸な事故で失ったものも多いが、それ以上に多くのことがあり、成長できた」

 

                                (Yahoo!ニュース、平成22年3月22日号より引用)

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「一日一日が必死だった。その結果、今がある」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/169

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術