「沈んだ時に浮かび上がれるか、それが人間の価値をきめる」

 

粘土アニメーション作家、湯崎夫沙子さんの言葉であり、彼女のお父さんの言葉でもあります。

湯崎さんのあこがれの原点は、父がつくった写真集だという。ヨーロッパの町並みを写した白黒写真を彩色したもの。

その父の言葉が今でも心に重く残っている。

「浮き沈みは人生につきものだ。沈んだ時に浮かび上がれるか。それが人間の価値を決めるんだ」

そして、彼女にはもう一つ忘れ得ない思い出がある。

「ミッション系の学校に通ってて、マルゲリータ学園長の誕生日に「祈りの花束」を差し上げることになり、絵が得意だった私が生徒を代表して描いた。夜10時、出来上がったと思ったら、綴(つづ)りを間違えてた。父は「名前を間違えるほど失礼なことはない。描き直しなさい」。描き直している間、朝までそばにいてくれた。失敗したときこそ頑張るんだという姿勢を教えてくれたからこそ、私は今ここにいられるんだと思う」

 

                                  (朝日新聞、平成22年3月24日夕刊より引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「沈んだ時に浮かび上がれるか、それが人間の価値をきめる」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/171

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術