「一回目の失敗は許し、挑戦したこと自体を評価する」

 

世界最大手の化粧品メーカー、ロレアル最高経営責任者ジャンポール・アゴンさんの言葉です。

失敗を責めるのではなく、リスクをとってチャレンジした勇気に着目するのは、人を大きく育てる基本のような気がします。

細かいミスまで叱責していたら、若い人は萎縮してしまいます。しかし、挑戦した事実を評価してくれるのであれば、ますます挑戦してみる気持ちになれるのです。

アゴンさんの言葉、もう少し長く紹介します。

「私自身もこれまで多くの失敗をしてきました。しかし、ペナルティが課せられたり、失脚したりといったことはありませんでした」

「重要なのは失敗を放置せずに、そこから学んで成長することです」

アゴンさんがかつて仕事で大きなミスをした時、会長から次のように言われたそうです。

「これはいいアイデアではなかった。だが、ほかの人とは違うことをしようという覚悟を感じたよ」

大きな成功は、試行錯誤の結果生まれてくるものです。その過程には多くの失敗が含まれています。この失敗にめげていたら、大きな成功は決して手に入らないのです。

 

                                   (日経ビジネス2010年3月22日号より引用)

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「一回目の失敗は許し、挑戦したこと自体を評価する」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/175

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術