「成功する人は、一度はどん底を体験している」

 

サンリ能力開発研究所代表の西田文郎(にしだふみお)さんの言葉です。

素晴らしい書籍に出合いました。

西田さんが書いた「人生の目的が見つかる魔法の杖」(現代書林)です。

この種の本は、うさん臭いところがあることが多い、と思っていました。が、この書籍は本物です。

私が解説するより、西田さんの言葉を少しでも長く紹介したいと思います。

「成功した実業家やアスリートの話を聞いていると、彼らには必ず「ここで自分が変わった」「自分を壊した」と言える体験がある。そして、その時代のことをじつに楽しそうに回想する。けれどその多くは、失敗や挫折、絶望、あるいは倒産、借金苦などのどん底体験である。面白いように成功者というのは、絶望やどん底を味わい、そこで自分を変えながら、はい上がってきた過去を持っている」

「小さな失敗は、ただのマイナスに過ぎない。しかし、大きな失敗は、大きなプラスに転化する可能性があり、神様からの素晴らしいプレゼントになることがある。「チャレンジできない」とか「失敗が怖い」「生き甲斐がない」などといっているのは、まだ絶望が足りないのであり、どん底を知らない証拠といえる。だからあなたはまだ絶望できるし、どん底までにはかなり余裕があるから、大いに安心して失敗してほしい」

「真剣さということでいえば、人はみんな真剣に生きている。真剣に生きていないような人はいない。少なくても私がこれまで出会ってきた人たちの中には、真剣でない人は1人もいなかった。ただ、一流になる人とそうでない人では、その真剣の度合いが明らかに違っていて、一流になる人たちは「脳の追い詰め方」が半端でないのだ」

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「成功する人は、一度はどん底を体験している」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/188

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術