「傷ついた感情と正面から向きあうほうが早くいやされる」

 

心理学者、加藤諦三さんの著書、「人間的強さ・人間的脆さ(もろさ)」(三笠書房刊)の言葉、第二弾です。

心が傷ついたとき、はやく忘れてしまおうと考えて行動することがあります。あるいは、まるでそのことがなかったかのように装うこともあります。いずれの行動も、自分を偽るものだと加藤さんは指摘しています。

自分の感情と正面から向きあうことなしに、傷ついた心をいやすことはできないのです。

加藤さんの言葉、もう少し長く紹介します。

「自分が傷ついているなら、傷ついた感情と正面から向きあうほうが早くいやされる。そして自分を傷つけた人間に感情的に正直に攻撃性を向けるほうが、早くその人を忘れることができる」

「実際には無視などできないくせに、無視した「ふり」をすると、いつまでもその人を忘れることができない」

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「傷ついた感情と正面から向きあうほうが早くいやされる」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/198

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術