「だれもが他人と違って良い、言いたいことを言って良い」

 

フランスの作家、フランソワ・ベゴドーさんの言葉です。

ベゴドーさんは、カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞した「パリ20区、僕たちのクラス」の原作者です。

日本でも公開されているこの映画について、彼は次のように述べています。

『映画に込めたメッセージとは。「あえて言えば、学校というより、むしろ民主主義についての映画だ。だれもが他人と違って良い、言いたいことを言って良いということだ。」』

他人と違う部分が尊重され、言いたいことが言える環境でこそ、個性や独創性が磨かれるのだと思います。さらに言えば、個性が大切にされることは、その人が大切にされることと等価だと感じます。

日本の学校は果たしてどうなのか。日本の家庭は果たしてどうなのか。大いに考えさせられる言葉です。

 

                                   (朝日新聞、2010年6月11日夕刊より引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「だれもが他人と違って良い、言いたいことを言って良い」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/200

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術