「人からどう見られているかより、自分は自分をどう見るか」

 

米国の心理学者、デヴィッド・リーバーマンさんの言葉です。

人の目を気にし過ぎていると、自分の幸不幸を他人が決めることになってしまいます。自由も自主性も、すっとんでしまうのです。

リーバーマンさんは、次のように語っています。

「自尊心の低い人は神経過敏で傷つきやすいのだが、それは「他者からどう思われているか」によって自己評価がころころ変わってしまうためだ。自尊心が高ければ、「人からどう思われようと、自分は自分」と思える」

「自尊心の低い人は、人から尊敬されようとして、自慢話をしたり、偉そうな態度をとったりする。また、すぐに人の噂話や批評をしたり、相手を振り回したりする。しかし、人を悪く言う人、周りから認めてもらおうと必死な人を、誰も尊敬しない。むしろ見くびられるばかりで、なおのこと自己嫌悪に陥る」

「自尊心とは、自分でよいことだと自覚していることをしたときに得られる」

 

               (デヴィッド・リーバーマン著「相手を1分で動かす心理学」三笠書房刊」より引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「人からどう見られているかより、自分は自分をどう見るか」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/241

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術