「禍福(かふく)はあざなえる縄のごとし」

 

『史記』を出典とする名言。

好調がいつまでも続くことがないのと同様、禍(わざわい)も、いずれ福に転ずるとの人生訓です。

10月17日(日曜)朝のテレビ番組で紹介されていました。

「あざなえる」とは、(わらを)よりあわせること。裏側のわらは、いずれ表になり、表側のわらは次に裏となって縄ができる。

突然の不調や事故は、好調のときにやってくる。注意を怠ってはならない。永遠に続く禍はないから、禍が過ぎ去る日の到来を信じて、心穏やかに暮らしなさい、との警句でもあります。

日本語訳の素晴らしさとあいまって、味わい深い言葉になっています。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「禍福(かふく)はあざなえる縄のごとし」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/253

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術