「(今までの常識と)違うことを試してみると、扉が開くことがある」

 

京都、清田製作所代表取締役、清田茂男さんの言葉です。

メーカーから新しい開発依頼を受けると、「夜、布団に入ってからも、これまでの失敗を思いだして、次の構想を練るので、ろくに寝られないんです」と語る清田さんは、82歳でまだ現役。

清田さんのコラムを書いた日本経済新聞特別編集委員の森一夫さんは、次のように語っています。

「職人というのは意地っ張りで、他人の言うことを聞かず、自分の流儀をかたくなに守る。こんな誤解がある。実際には、優れた職人は研究熱心で、頭が柔らかい」

 

                                (日本経済新聞、2010年10月23日夕刊より引用)

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「(今までの常識と)違うことを試してみると、扉が開くことがある」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/273

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術