「万策を尽くしたか」

 

日本ハム球団社長、藤井純一(ふじい・じゅんいち)さんの言葉です。

「一貫して心がけているのは「夢」と「現実」をどう両立させるか」

「私には球界がこれまでビジネスをしてきたとは思えない」、「魅力的なサービスは当然で「レベルの高い競技を見せればいい」という古典的な認識では成り立たない」

「お金が流れなくなった、というのは万策を尽くしたうえで言うべきことだろう」、「名ばかりの「殿様」を返上し、商売の世界にいることを認めればいい。いかなるロマンも、実現には資金が必要なのだから」

「実質的な収入は、5年で3倍になり、推進力のある組織にもなった」

新年にふさわしい「やればできる」の典型のような話です。「何をやるべきなのか」が明快かつ適切だったからこそ、いい結果がついてきたのではないでしょうか。

 

                               (2011年1月4日日本経済新聞朝刊より引用)

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「万策を尽くしたか」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/284

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術