「苦労は避けない方がいいかもしれない」

 

59歳で司法試験に合格した神山昌子(かみやま・まさこ)さんの言葉です。

「苦労した時に、前にも経験したことがあって、そのときには大丈夫だったから、今回も大丈夫だって思える。だから、もうちょっと頑張ってみようって思えるから。苦労は避けない方がいいかもしれない」と語っています。

司法試験挑戦23回目で合格し、弁護士になったときは61歳。「レジ、保険の外交員、宅配。さまざまな仕事をし、育児家事、母の介護以外はすべて勉強に費やした」、「でも、圧倒的に時間が足りず、若い友人が先を越していく」

「逆にすべての時間を勉強に費やせていたら、数回の失敗で私には無理とすっぱりあきらめていたと思う」

と語る神山さん。

弁護士が少ない土地で役に立ちたいと、北海道で活躍している。

 

      (NHKテレビ番組ドラクロア2011年2月14日放映、東京新聞2008年3月5日朝刊より引用)

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「苦労は避けない方がいいかもしれない」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/298

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術