「個々の思いに耳を傾けて」

 

カウンセラー、吉備素子さん(68歳)の言葉です。

吉備さんは、阪神大震災を含め、数々の災害や事故にあわれた方の心のケアを続けています。

「「つらいでしょう」という言葉を先にかけてしまうと、被災者の気持ちを逆なでしてしまったり、「被災者らしくしなければいけない。笑ってもいけない」と誤解させてしまう恐れがあります」

「思い込みを押しつけないように気をつけましょう」

「相手が落ち込んでいるようなら一緒に落ち込み、怒っていれば一緒に怒ってください。そうすると、被災者に「あなたは一人ではない」と伝わります」

ご自身が事故(日航ジャンボ機墜落事故)の被害者である吉備さんの言葉には、やさしさと同時に、強い説得力を感じます。 

                                (毎日jp、2011年4月20日配信ニュースより引用)

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「個々の思いに耳を傾けて」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/326

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術