「本当にやりたかったことはなんだったのか」

 

作家、幸田真音(こうだ・まいん)さんの言葉です。

「人生の時間管理」と題したコラムの中で、幸田さんは、次のように語っています。

「なにをやり遂げ、なにをやり残してきたか。いや、自分が本当にやりたかったことはなんだったのか」

「限られた(時間の)なかで、自分はこのあとなにをすべきなのか」

忙しければ忙しいほど、目前のことを処理する日々になりがちです。

限られた自分の時間を悔いなく使うために、「このあとなにをすべきなのか」と問いかけてみることが、とても大切に思えてきます。

 

                                (日本経済新聞、2011年5月18日夕刊より引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「本当にやりたかったことはなんだったのか」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/336

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術