2011年10月アーカイブ

 

失敗学の権威、東京大学大学院教授、畑村洋太郎(はたむら・ようたろう)さんの言葉、第二弾です。

「組織として失敗を生かすシステムを確立していくことは、実は、それほど難しいことではありません」

「ある企業では、失敗を起こした当事者が、自分の失敗をA4の紙一枚程度のレポートに簡単にまとめ、その情報が必要と思しき部署に向かって情報発信するシステムを実行しています」

失敗を「叱責の対象」ではなく、「今後の発展の原動力」と考える思想が根付けば、家庭も、学校も、法人も、そして社会全体が、よい方向へ進化できるに違いないと思えます。

 

                                                                    (畑村洋太郎著「失敗学のすすめ」講談社刊より引用)

 

 

 

 

 

作家、大野更紗(おおの・さらさ)さんの言葉です。

「憂いているだけでは、現実は、何も変わらない。そういうときは、自分が動くしかない」

「(しかし)困っていることが深刻であれば、深刻であるほど、人に話すことは出来ない」、「言葉にならない気持ちがきっとある」

「絶望はしない」

「あきらめないことの本質は、少なくても語ることをやめないこと」

こう語る大野さんは、原因不明の難病で、車椅子生活を余儀なくされています。

しかし、執筆の合間をぬって、悩める多くの人たちへの講演活動を積極的に行っているのです。

大野さんの著作「困っている人」(ポプラ社刊)は、20万部に迫るベストセラーになっています。

 

                              (2011年10月29日朝7時のNHKニュースより引用)

 

 

 

 

 

作家、曽野綾子(その・あやこ)さんの言葉です。

いま、物があふれています。しかし、果たして、日本人は豊かだと言えるのでしょうか。

曽野綾子さんのこの言葉にであって、考えさせられ、いろいろ調べてみました。

高校生を対象に行った調査結果があります(2010年、日本青少年研究所実施)。

「自分は価値のある人間だと思う」に「まったくそうだ」との肯定的回答をした生徒は、わずか7.5%でした。米国の57.2%、中国の42.2%に比べ、圧倒的に低いこの数字を、どのように理解すればいいのでしょうか。

「物があふれていても、心が貧しい」状態から、「物には関係なく、心が豊か」な状態への変化こそ、日本人の最重要課題に思えてきます。

 

                       (タイトルの言葉は、曽野綾子著「老いの才覚」ベスト新書より引用)

 

 

 

 

 

ひきこもり研究の第一人者で、精神科医、斎藤環(さいとう・たまき)さんの言葉です。

物も自由も、何でも手に入る日本は、まさに、成熟社会です。社会が成熟すると、よほどのことがない限り、何をしていても生きていけるのです。その結果、個人は未成熟になり、成人しても平然と親に寄生するパラサイト的な人が増えてきます。

「(ひきこもりの人の)一番の苦しみは自分自身を肯定できないこと」だと、斎藤さんは指摘しています。そして、「(そのような人が)自信を持つ基盤は、社会的地位、仕事、人間関係の3つ」だと述べているのです。

社会的地位と仕事は、結果として手に入るものです。

だとすると、いい人間関係を築くことが、まず求められるのではないでしょうか。

 

 

                 (スクラップ整理の続編です。日本経済新聞2010年12月4日夕刊より引用)

 

 

 

 

失敗学の権威、東京大学大学院教授、畑村洋太郎(はたむら・ようたろう)さんの言葉です。

以下、畑村さんの意見概要を紹介します。

「会社で頻繁に開かれる会議は、決断力に欠ける象徴。議論をして結論を得る、決定されたことを連絡するのが会議の目的なのに、日本では、「責任回避」のための会議が余りに多い。だから、ひとりひとりの責任感が稀薄になり、小失敗を見つけても、すばやく対処する発想がでてこない」

「放置された失敗が、やがて致命的な失敗に成長(する)」

「ダメ組織はリーダーの姿勢からして問題のあるケースがほとんど」

日本の組織の根源的な弱点をついているように思えます。

しかし、この言葉は、「このような会議をなくせば、失敗を起こしにくくなる」とも解釈できます。

 

                              (畑村洋太郎著「失敗学のすすめ」講談社刊より引用)

 

 

 

 

 

 

慶応義塾大学保健管理センター教授、大野裕(おおの・ゆたか)さんの言葉です。

「くり返し災害の映像を流すだけでなく、被災状況を詳しく尋ねるインタビューもこころの傷を深める可能性がある。そうした二次災害だけは、ぜひ避けていただきたいと願っている」。

生きる希望を失いかけているかもしれない災害被害者に、マイクやカメラを向けるのには、よほどの注意が必要なのです。

被災現場に立って、「カメラマンになったことを、これほど後悔したことはない」と語った方がおられました。この心情こそが、すべての人々に求められているのではないでしょうか。

われわれのちょっとした言葉が、人を死ぬほど傷つける可能性がある事実に、もっと目を向ける必要があるように思えます。

 

                                 (日本経済新聞、2011年4月1日夕刊より引用)

 

 

 

 

人は協力しあわなければ生きられない。

東日本大震災が、あらためて、この言葉の意味を教え諭しているように思えます。

しかし、ともすると、人は「自分の力で生きている」と思いがちなのではないでしょうか。

「人のためになることをしている時がいちばん幸せ」とは、人生を福祉に捧げた偉人たちが、ほとんど例外なく発する言葉です。

自分の力で生きている、と思っているうちは、「いちばんの幸せ」を逃しているのかもしれません。

 

(スクラップ整理の続編です。ただ残念ながら出典が明確ではありません。タイトルの言葉は、インターネットで検索できます。しかし、どのサイトを見ても、出典が不明確でした。誰が最初に述べた言葉なのか、ご存じの方がおられましたら、投稿していただけると幸いです。)

 

 

 

 

新興国で求められている自動車の条件として、日本経済新聞のコラムに書かれていた言葉です。

広々とした家に住み、大きな車を何台も所有できる人を、成功者とみる時代がありました。

しかし、いま、われわれは、「巨大化、高コスト化」のままでは生き抜けないことを、はっきり確認しつつあります。さらに、個人も企業も、必要不可欠なもの以外の贅肉を削ぎ落とすことに懸命です。時価総額で世界最高企業のアップルは、自社工場をほとんど持たなかったため、膨大な部品の生産を世界中の企業に発注するという形で貢献し、同時に、生産や在庫の管理リスクを取ることなく、次々と新製品を発表できたのです。

「大きくて高価、大量で複雑」を、無駄、あるいは単なるステータスと認識しつつあるわれわれの行き着く先は、「小さく安く、少なくシンプルに」のように思えてきます。

 

                                 (日本経済新聞2011年10月9日朝刊より引用)

 

 

 

 

 

テレビ番組、「天才でなくても夢をつかめる10の法則」のなかで紹介された言葉です。

「才能は学歴や知識の量ではなく、感動の量で決まる」と、解説されています。

では、心ふるわせるモノに出合うには、どのようにすればいいのでしょうか。

書籍、映画、音楽、絵画、講演会、勉強会、スポーツなど、ありとあらゆる機会を作り出して行動し、本物に接することが基本ではないでしょうか。

感動は、脳科学の観点からも、才能を引き出すことが実証されている、と語られています。

 

        (日本テレビ、2010年1月10日放映、「天才でなくても夢をつかめる10の法則」より引用)

 

 

 

 

心療内科医、海原純子(うみはら・じゅんこ)さんの言葉です。

海原さんは、東日本大震災の被災地を巡回し、被災者の心のケアに取り組んでいます。

「心のケアは「話を聞けばいい」ものだと思われがちだが、そんなに簡単なものではない。他人に心の中を見せるのがどんなに難しいか。カウンセリングを受けるまで、予約とキャンセルをくり返し、1年後にやっと受診した方さえいるくらいだ」

作家の五木寛之さんは、「自分のことを書こうとすれば、必ず、偽善か偽悪になってしまう」というようなことを述べています。五木さんほどの方でも「心の中を見せる」ことは難しいのです。

だからこそ、「一見おちついて、頑張っているようにみえる被災地だが、かなり無理をしながらの生活だと(われわれが)気づく必要がある」のではないでしょうか。

 

                  (スクラップ整理の続編です。毎日新聞、2011年7月25日夕刊より引用)

 

 

 

 

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術