「自分たちのことは、自分たちで話さないと誰も代弁してくれない」

 

作家、大野更紗(おおの・さらさ)さんの言葉です。

「憂いているだけでは、現実は、何も変わらない。そういうときは、自分が動くしかない」

「(しかし)困っていることが深刻であれば、深刻であるほど、人に話すことは出来ない」、「言葉にならない気持ちがきっとある」

「絶望はしない」

「あきらめないことの本質は、少なくても語ることをやめないこと」

こう語る大野さんは、原因不明の難病で、車椅子生活を余儀なくされています。

しかし、執筆の合間をぬって、悩める多くの人たちへの講演活動を積極的に行っているのです。

大野さんの著作「困っている人」(ポプラ社刊)は、20万部に迫るベストセラーになっています。

 

                              (2011年10月29日朝7時のNHKニュースより引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「自分たちのことは、自分たちで話さないと誰も代弁してくれない」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/389

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術