「失敗はあって当然」

 

失敗学の権威、東京大学大学院教授、畑村洋太郎(はたむら・ようたろう)さんの言葉、第二弾です。

「組織として失敗を生かすシステムを確立していくことは、実は、それほど難しいことではありません」

「ある企業では、失敗を起こした当事者が、自分の失敗をA4の紙一枚程度のレポートに簡単にまとめ、その情報が必要と思しき部署に向かって情報発信するシステムを実行しています」

失敗を「叱責の対象」ではなく、「今後の発展の原動力」と考える思想が根付けば、家庭も、学校も、法人も、そして社会全体が、よい方向へ進化できるに違いないと思えます。

 

                                                                    (畑村洋太郎著「失敗学のすすめ」講談社刊より引用)

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「失敗はあって当然」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/390

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術