2012年2月アーカイブ

 

セイコーマート会長、赤尾昭彦(あかお・あきひこ)さんの言葉です。

赤尾さんの言葉で、思い出したことがあります。ダーウインの進化論です。

「最も強い者が生き残れるわけではない。最も賢い者が生き残れるわけではない。唯一生き残るのは、変化できる者だけ」

日本でもっとも変われないもの。それは政治ではないでしょうか。変わり続けることができなければ、国も、企業も、いずれ存亡の危機に立たされることになるのは、歴史が証明しています。

 

                                 (2012年2月2日放映、「カンブリア宮殿」より引用)

 

 

 

 

スウェーデン出身のタレント、リリコさんの言葉です。

「最初はつくり笑いでも、笑顔があれば、チャンスはやってくる」と語っています。

日本人ほど笑顔が少ない民族はないのではないか、と日頃感じていました。

笑顔は、自然現象であると同時に、コミュニケーションのマナーでもあります。

暗い話題が多い昨今、せめて、笑顔をふりまきませんか。最初はたとえ、つくり笑いでも。

 

                                  (TBS系列テレビ番組「王様のブランチ」より引用)

 

 

 

 

第10回『iのあるメール大賞』グランプリ、宇野邦久さんの投稿です。

「震災の後、やっと連絡がとれた漁師をしている知人からのメール、無事と知り、ほっとしました」とのエピソードも公開されています。

メールタイトルは、「Re生きてるぜ」。

本文を紹介します。

「家流された。船流された。でも、生きる意欲までは流されていない!家族は、皆無事だから。」

胸を打つ、そして、大きな勇気をもらえるメールです。

 

 

 

 

映画プロデューサー、鈴木敏夫(すずき・としお)さんの言葉です。

「生きていく上で窮地に立たされることってあるじゃないですか。そういうとき、この言葉って、役立つよね」

どうにかなることを、どうにかしないことは、単なる怠慢なのかもしれません。同時に、どうにもならないことを、どうにもならないこととして、自然に受け入れることができれば、人生の風景が変わってくるように思えます。

 

                     (NHK「プロフェッショナル、人生の流儀」2012年2月10日放映より引用)

 

 

 

 

 

 

登山家、栗城史多(くりき・のぶかず)さんの言葉です。

今年春、4度目となる、エベレスト無酸素単独登頂に挑戦します。

栗城さんは、このように語っているように思えます。

「失敗しても、夢を持ちつづけることが大切。われわれの命は、いつか終焉のときがやってくる。だからこそ、成功の可能性が少しでもあるのなら、生ある間、夢を追いつづけることが大切なのだ」

 

                                  (日本経済新聞2012年1月24日朝刊より引用)

 

 

 

 

 

小説家、吉村昭(よしむら・あきら)さんが、作品のなかで、登場人物に語らせている言葉です。

「愚痴を言いたければ、言うがいい。しかし、いくら愚痴を言ってみても、なんの益もないことがわかります。所詮(しょせん)叶わぬ身であるとさとれば、そこから生きる力のようなものが湧いてくるものです」。

「変えられない過去は断ち切り、明日を見すえて、いまを生きなさい」との教えでしょうか。

 

                                          (吉村昭著「漂流」新潮文庫より引用)

 

 

 

 

 

機械部品メーカーの太陽パーツ社長、城岡陽志(ひろおか・きよし)さんの経営方針です。

「みんながチャレンジする社風」を作るために、大失敗賞(副賞1万円)なるものを社員に贈呈することでも有名です。

いまの若い社員は、「自分でやって失敗する経験が少ない」との危機感から生まれたというこの方針、安心して失敗できるからこそ、チャレンジ精神がはぐくまれるのだと感じます。

失敗したらやり直しがきかないと言われる日本に、そのまま取り入れたい制度ではないでしょうか。

 

 

 

 

ハードロック工業社長、若林克彦(わかばやし・かつひこ)さんの言葉です。

若林さんは、農家の方が種をまくとき腰をかがめる姿勢をとるため、腰痛になると聞き、「種まき機」を考案しました。小学校5年生のときです。

これが農家の人々に喜ばれたのをきっかけに、『「アイデアは人を幸せにする」と知りました』と語っています。その後、アイデア開発を続け、いまでは、「絶対にゆるまないハードロックナット」で、世界№1の市場占有率を誇っています。

考えてみれば、われわれが文明を享受できているのも、すべて先人のアイデアのおかげです。

アイデアは「他人とちがう考え」から生まれます。

われわれ日本人が、他人とちがう意見や発言をもっと尊重し、傾聴するように変化できれば、ふたたび進化、成長できるのではないかと、ふと考えました。

 

                                   (日本経済新聞2012年1月31日夕刊より引用)

 

 

 

 

 

冒険家、堀江健一(ほりえ・けんいち)さんの言葉です。

世界で初めて、小型ヨットで太平洋を単独横断したのが堀江さんです。

「チャレンジするのは楽しいし、いろいろな世界が開けてくる。チャレンジなくして、新たな道が開けることはない」

「困難を打ち破るのも、文化をつくるのも、すべてチャレンジ。チャレンジこそ、人であることの特権」

このように語る堀江さんは、2005年、2度目の単独無寄港世界一周を成功させました。このとき、66歳。

 

 

 

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術