「お中元もお歳暮も贈らない。日常の日々の中で誠意を尽くしていれば、そんなものは必要ない」

 

見城徹(けんじょう・とおる)さんの言葉、第三弾です。

お中元やお歳暮を贈らないことではなく、贈る必要がない行動を、日頃しているかどうかが問われています。

「誠意を尽くす」と、言葉で言うのは簡単です。しかし、実行には、多大な熱意が必要です。たとえ、多大な熱意が、何らかの形であなたに返ってこなかったとしても、それでよし、と思えれば、あなたの行為は、すでに結実しているのです。 

見城徹藤田晋、共著「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」講談社刊より引用)

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「お中元もお歳暮も贈らない。日常の日々の中で誠意を尽くしていれば、そんなものは必要ない」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.adstudies.net/MT/mt-tb.cgi/474

コメントする

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術