2013年10月アーカイブ


インド独立の父、マハトマ・ガンジーさんの言葉です。

「言葉は、表面上の意味ではなく、その言葉を発した人の心の背景を伝える(概要)」との文章を読んだことがあります。

大きな声で叫んでみても、自分勝手な内容であれば、ただ虚しく聞こえるだけ。たとえ、ささやきであっても、良心から発せられた言葉は、人の心をつかみ、人から人へと伝わっていく。
ガンジーさんの警句は、「いつも良心から発せられた正しい言葉を使いなさい」との意味だと受け取りました。

                                      (米国映画「クリミナル・マインド」より引用)





曹洞宗住職、桝野俊明(ますの・しゅんみょう)さんの言葉、第四弾です。

「簡素というのは、無駄なものを削ぎ落としていくことです。本当に必要なものを見極め、それを大切にしていくことです。(中略)質素というのは、価値の低い物で生活すること。簡素な生活こそが心を磨くもとです」と、述べています。

今年も年末が近づいています。少し気が早いかもしれませんが、いまから、簡素な生活に向けて、大掃除ならぬ、大片づけをしようと、心に誓っているところです。

                        (桝野俊明著「禅、シンプル生活のすすめ」三笠書房刊より引用)






脳科学者、茂木健一郎(もぎ・けんいちろう)さんの言葉です。

『人生の困難に打ち勝つためには、「自分ならやれる」という「根拠なき自信」が必要です。』さらに、根拠なき自信を身につけるために、「0~3歳時に安全基地が築かれていなければならない」と述べています。
安全基地とは、戻ってきたとき、無条件に喜んで迎えてくれる親そのものです。

いまから0~3歳に戻って、安全基地をつくることはできません。われわれにできるのは、安全基地の地盤が弱かったのなら、何かで強化すること、そして、0~3歳児の親であれば、安全基地をしっかりつくってあげることです。

                      (茂木健一郎他著「3歳までの子育ての教科書」アスコム刊より引用)






定食チェーン、大戸屋の創業者、三森久実(みつもり・ひさみ)さんの言葉第二弾です。

日本では、「和」が尊いものとされてきました。しかし、なにがなんでも和を貫くと、自分がなくなってしまいます。
欧米では多くの教育過程で、自分の意見を持つように指導されます。
自分自身の意見を持つことが、自立と責任感に、さらには自分を価値ある人間だと思えることにつながるからです。他人の意見を尊重することにもつながります。
一度しかない人生。自分の考えにこだわり、自分の道を切り開くこともまた、大切なのではないでしょうか。
                        (テレビ番組、「カンブリア宮殿」2013年9月26日放映より引用)






作詞家、阿木燿子(あき・ようこ)さんが毎晩自問している言葉です。

きっかけは、ご本人のお母さんから諭された「常に優しくありなさい。そうすれば必ず幸せになれると」との言葉だそうです。

「人に優しくできる以上に、自分に優しくなることはできない」との警句がありました。自分に優しいのと、自分に甘いのとは、まったく違います。

「今日は人に優しくできたか」との自問は、心をあたたかくする、魔法の言葉のようにも思えてきます。

                                  (日本経済新聞2013年9月27日夕刊より引用)





定食チェーン、大戸屋の創業者、三森久実(みつもり・ひさみ)さんの言葉です。

「何が何でもなし遂げる、という志があれば、すべての行動がその達成にむかい、努力が苦ではなくなる」と述べています。

苦しいことは長続きしません。さらに、大きなことを達成するには、長い時間が必要です。三森さんは、「何が何でもなし遂げる志さえあれば、苦しいことがなくなるから、成功する可能性が高まる」と、激励してくれているのです。

                        (テレビ番組、「カンブリア宮殿」2013年9月26日放映より引用)





曹洞宗住職、桝野俊明(ますの・しゅんみょう)さんの言葉、第三弾です。

「あなたのデスクは、あなたの心を映し出す鏡」
「悩みや不安に惑わされることなく、常に清々しい心をもつ鍵は、まず身の回りを整えること」

心が磨かれている人のデスクは、いつも整然としているのです。あなたのデスク、そして、あなたの周囲の人のデスクを眺めて、確かめてみてはいかがでしょうか。

                        (桝野俊明著「禅、シンプル生活のすすめ」三笠書房刊より引用)






執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術