古今の名言: 2012年5月アーカイブ

 

スイスの法学者で哲学者、カール・ヒルティさんの言葉です。

この言葉で、米国のカール・サイモント博士を思い出しました。

博士は、治療のため、「癌になってよかったことを数え上げなさい」と、患者に提唱しているのです。

癌になってよかったことなどあるのか、と思って考えてみると、それが、あるのです。

「人にやさしくなれた」、「見るものがすべて美しい」など、人によって違いますが、必ずあります。

どのように苦しいことでも、心して探せば、必ずいい側面があるのです。苦しければ苦しいほど、悲しければ悲しいほど、いい側面を探す努力を忘れてはならないとの教えなのです。

 

                 (稲垣真美著「最高の人生を送るための哲学者の言葉100」PHP刊より引用)

 

 

 

 

チベットの高僧、チョギャム・トゥルンパさんの言葉です。

吹き荒れたアラブの春など、多くの反政府活動は、国民の怒りを抑さえ続けた結果だと考えられます。犠牲者がでるほど活動が過激化するのは、活動が怒りに流され、抑制できなくなってしまったためなのでしょう。

個人に置き換えても、同じことが言えそうです。

「怒るべき対象にむけて怒りなさい。しかし、度を過ぎてはいけない」

トゥルンバさんは、このように言いたかったのではないでしょうか。

 

 

 

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術