古今の名言: 2012年7月アーカイブ

 

松下幸之助(まつした・こうのすけ)さんの名言です。

われわれは、ともすると、過去を嘆くわりには、せっかくの資源や才能を活かしきれていない傾向が、確かにあります。

ただ、「ないものを有とする」努力が必要な場合もある、と考えました。たとえば、情報の透明性です。

原発事故、大津市のいじめ事件。これら重大事故、事件の原因のひとつは、情報の隠蔽にあるのではないでしょうか。「わが校には、こんなにいじめがあります」と報告した学校は、むしろほめるべきだ、との意見もあるほどです。

江戸時代から現代にいたるまで、ことなかれ主義が是正されず、時だけが過ぎてきたように思えます。

 

 

 

 

心理学者、加藤諦三(かとう・たいぞう)さんは、次のように語っています。

『「ずるさは弱さに敏感である」とある人がいっていたが、それは、ずるい人間が弱い人間であるからであろう。同質のものには敏感なのである。自分にもある弱点であるがゆえに、相手の弱点はすぐに見ぬける』

マスコミで「いじめ」が取り上げられています。

いじめた生徒たちは、なぜ、いじめという卑劣な行動をし続けたのか。ずるくて弱い人間だったことが原因だとしたら、なぜ、そのような人間になってしまったのか?

生まれつきとは、思えません。だとすれば、彼らは、加害者である同時に、家庭や学校など、環境の被害者でもあった、と言えるような気がしてなりません。

 

                                 (加藤諦三著「自分を嫌うな」三笠書房刊より引用)

 

 

 

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術