今日の言葉: 2009年9月アーカイブ

 

米国のストレス・コンサルタント、リチャード・カールソンさんの言葉です。

プロセス(過程)が大切なのであって、結果は後からついてくるもの、プロセスを楽しめればそれでよしとするべし、とはよく聞く言葉です。しかし、そうは言っても、やはり結果を期待するのが人間の常ではないでしょうか。

その辺の事情について、カールソンさんは、次のように述べています。

「「執着しないこと」を「気にしないこと」と勘違いしている。じつは、この二つはまったく異なる概念だ」

「執着しないとは、「自分にできることはすべて全力でやった。もしも結果が思わしくなくても、それはそれでもよしとする」態度だ」

「何がなんでもこうでなければならないと前もって決めた結果にしがみつくと、努力をしている最中はもちろん、全力を尽くしたあとも、万が一残念な結果に終わったあとも、多大なエネルギーを消費する」

 

            (リチャード・カールソン著「お金のことでくよくよするな!」サンマーク出版刊より引用)

 

 

 

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術