今日の言葉: 2010年4月アーカイブ

 

ライター、門倉紫麻(かどくらしま)さんの言葉です。

門倉さんは、漫画誌「少年ジャンプ」で連載経験がある37人の漫画家が、創作の秘密を語ったインタビュー集「マンガ脳の鍛えかた」(集英社刊)の取材を担当したのです。

取材で気づいたこと。

それは、漫画家たちが「細かいことを積み重ねる大切さ」を語っていることだったと言います。

門倉さんの言葉、もう少し長く紹介します。

「最前線で走る作家が常に猛ダッシュで、手を緩めずここまでやっている。その姿には、人を駆り立てる力があるはずです」。

この言葉で、発明家エジソンの名言を思いだしました。

天才とは1%のインスピレーション(霊感)と99%のパースピレーション(汗)である。

そして、納得したのです。人気漫画は、もともと才能のある人間が、猛ダッシュで手を緩めず、細かいことを積み重ねるからこそ出来上がった作品なのだと。

 

                                    (朝日新聞2010年4月27日夕刊より引用)

 

 

 

 

世界最大級のヘッドハンティング会社、コーン・フェリー・インターナショナル日本法人会長、橘・フクシマ・咲江さんの言葉です。

橘(たちばな)さんは、「政治的な思惑なく発言する姿勢が役員への推薦を集め」米国本社の役員に抜擢されました。

「実際に役員会では、疑問に感じたことを遠慮せず口にしました」と語っています。

さらに、「彼女なら自分のリスクで我々(他の役員や社員)の言いたいことを代弁してくれる」と思われたのでしょう、とも述べています。

それにしても、「自信がないから努力した」とは、なんと率直な発言でしょうか。きっと自信のない自分を素直に受け入れ、無我夢中で努力しているうちに認められた結果、自信がなくてもできる、と思えるようになったのだろうと想像いたします。

私自身も含めて、ほんとうは自信のない多くのビジネスマン、学生、主婦のみなさん。自信のないことが悪いのではなく、自信のない自分を認められないことが悪いのだと考え直すことが大切なようです。

 

                                (日本経済新聞、2010年4月19日夕刊より引用)

 

 

 

 

登山家、栗城史多(くりき・のぶかず)さんの言葉です。

栗城さんは、エベレスト単独・無酸素登頂に挑むというので、さぞ超人的な運動能力の持ち主かと思いきや、どうやらそうではないのです。著書「一歩を越える勇気」(サンマーク出版刊)で告白していますが、体力も運動能力も普通か、普通以下なのだそうです。

その栗城さんがなぜ、極限への挑戦を思い立ったのでしょう。

書籍にはこの間の事情が克明に記されています。

栗城さんのお父さんは、ただ一人、町に温泉が出るのを信じて河川敷にプラスチックのパイプを打ち始めたのです。

「楽しそうに、小さな体で黙々とスコップをふるう父の姿は、だんだんとまわりの人の見方を変えていったのだ」、「父の姿を見て一人、二人とそこに集まって、父を手伝う人が出てきた」、「夢を持っている人はやっばり明るく輝いている。そしてそんな人がいると、まわりの人がみんな明るくなっていくという姿を初めて見た瞬間だった」、「そして5年間。なんと最後には、本当に温泉が出たのだ!」

「僕がそのとき思ったのは、夢を持つと人は明るくなり、元気になるということ。そして自分自身が変わりはじめると、まわりの人も明るくなるということだ」

 

 

 

米国の心理学者、デヴィッド・シーベリーさんの言葉です。

危機的なのは事態ではなく、あなたの心なのだ、という意味の言葉を思いだしました。何かが起こったとき、それをどのように受け止めるかは人によってまったく違います。ピンチだと大騒ぎをする人がいるかと思うと、絶好のチャンスだと考える人がいたりするものです。

シーベリーさんのこの言葉を引用しつつ、心理学者・加藤諦三さんは、次のように語っています。

「多くの窮状は情緒の未成熟故に、窮状と感じられているにすぎない」

「情緒の成熟した人は、来るべき困難に備えて着々と準備はする。しかし、決して取り乱さない。いたずらに心配して消耗しない。それでいて困難を直視する」

「情緒的に未成熟な人は、不安によって誇張された困難におじけづき、圧倒されて、自分の現在の幸運の部分を忘れる」

「不安な人は全体として考えれば幸運なのに、不運な面にばかり気持ちをとられすぎて、悩みつづけて一生を終わる」

 

                             (加藤諦三著、「思い込みの心理」三笠書房刊より引用)

 

 

 

執筆者プロフィール

田村仁の著書

振り回されないメール術
振り回されないメール術「メールに時間がかかりすぎる」苦境を脱するには、要所を押えた文章が必須!
頭がいい人、悪い人の
ビジネスメール
絶妙な文章の技術その1行にあなたの知性が現れる。
ダメなメールを賢いメールに簡単に修正する方法!
送信ボタンを押す前に!
頭がいい人の「すごいひと言」
絶妙な文章の技術仕事も人間関係もみ~んなうまくいく知的「会話術」の本。
絶妙な文章の技術
絶妙な文章の技術文章が下手な人ほどうまくなる
たった1行で!売る
たった1行で!売る 思わず買ってしまう 商品 「キャッチフレーズ」の極意思わず買ってしまう
「商品キャッチフレーズ」極意
ズバッと!短文で!語る技術
ズバッと!短文で!語る技術デキル人ほど、言葉はシンプル
長い話はバカでもできる
売れるキャッチコピーの法則
一瞬で!心をつかむ 売れるキャッチコピーの法則豊富な事例でマスターする
実践コピーライティングの技術